平成日本、辺土の現実

benyuan.exblog.jp
ブログトップ

交通標識に公費を浪費する福岡公安委員会

我が家は住宅ばかりが立ち並ぶ一画の中にあるが、そこを縦横に貫いている道筋は多くが一方通行となっている。我が家の近くに一本の交通標識が立っている。その道が車両通行止めであることに注意を促す標識だ。大きな赤い輪の内部に一本の赤い棒がななめに入っている。

柱の胴の上寄りの場所と標識板の裏にそれぞれ認識票が取り付けてあり、いずれにも設置年月日は平成15年3月と書いてある。だから、設置してもう9年経っているのだが、見たところ標識板(正式には基盤というのかな)は、まだピッカピカの新品にも見え、いささかの鮮明さも失っていない。これからもまだ20年はもちそうだ。

ところが、来年あたりまた、業者が本当の新品の柱と基板を持って来て、そっくり取り替えて立ち去るのではないかと心配である。というのは、9年前の今ごろ、たまたま筆者は、一人の男がこの取替え作業を終えたところに通り合わせて、驚きのあまり、この業者になぜ取り替えるのかと質さないではおれなかったことを思い出すからである。その時も同様で、取り替える必要などどこにも見出せなかったのである。

彼はふふふと口元を歪めて含み笑いをするばかりで、何も率直に答えず、ほとんど取り合わないという態度だったが、ただ、取り替えは10年おきだと明かしてくれた。来年は平成25年である。おそらくまた、業者がやって来て手早く取替え工事をすませてどこかへ消えるだろう。

よく見ると、いずれの認識票にも設置者は福岡県公安委員会となっている。昨今の公費削減の声かまびすしいのに反応して、県公安委員会はこの無駄金を見直そうという気に少しはなっているだろうか。

d0015359_23552580.jpg


d0015359_2356447.jpg


d0015359_23565357.jpg


d0015359_23572060.jpg


d0015359_23575576.jpg


d0015359_23581613.jpg

[PR]
by ekisaitosuru | 2012-04-25 23:59 | 行政