平成日本、辺土の現実

benyuan.exblog.jp
ブログトップ

山口サビエル記念聖堂

室町時代、西の京といわれた山口は、今は訪れる人も少ない静かな小都市だった。国宝、瑠璃光寺五重塔を見てのかえり、ケヤキの大木が立ち並ぶ、緑滴る並木道の切れ目から、てっぺんに奇妙な飾りを付けた二本の高々とした白い四角柱がみえた。通りかかりの人に聞くと、ザビエル教会だという。

そういえば山口は、ザビエルが大内氏の許しをえてキリスト教の布教活動を始めた土地だった。あの四角柱の根っこに何があるのかも見てみたい。

まだ真新しい三角形をした白い教会が小高い丘の一角に立っていた。キリスト教、特にその中でもカトリック教の教会堂はたいてい、長崎の大浦天主堂などの例に見られるように、高い場所を択んで見上げるように高い尖塔を中央にして建てた建物が、あたりに強烈な威圧感をあたえて立っていることが多いが、ここではこの特徴がやや和らいでいた。(写真は、山口市観光案内処のホームページから借用)
d0015359_20311337.jpg


この教会は、正しくは山口サビエル記念聖堂といった。礼拝堂は二階にあって、行くと案の定、信者か非ずか日本人どうしらしい二人の結婚式の真っ最中だった。

一階はクリスチャン記念館と名づけた展示室だった。入って行くと、若い女性に呼び止められた。300円の入館料が要るという。「あれ、入館料が要るの?そんなこと何処にも書いてなかったよ」と言うと、彼女は「ここに書いてあります」と言って、仕切りのガラスの壁の隅を指さした。マジックで料金を書いた紙切れが貼ってあった。西洋人ないしキリスト教に特有の偽善の匂いをかすかにかいだような気がした。

一つ興味深い物が目に留まった。十字架を握って高くかかげたザビエルが、甲冑をつけ武器を手にした数人のポルトガル兵といっしょに南洋のどこかの島に上陸しようとしている絵のパネルと、その説明板である。美辞麗句を並べた説明板の内容とはうらはらに、異境の土地でのキリスト教伝導と征服支配は一体だったという、今では常識となっている歴史事実がいや応なく思い出された。
d0015359_20315194.jpg
d0015359_2032388.jpg

[PR]
by ekisaitosuru | 2009-04-28 20:34 | キリスト教