平成日本、辺土の現実

benyuan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:行政( 6 )

交通標識に公費を浪費する福岡公安委員会

我が家は住宅ばかりが立ち並ぶ一画の中にあるが、そこを縦横に貫いている道筋は多くが一方通行となっている。我が家の近くに一本の交通標識が立っている。その道が車両通行止めであることに注意を促す標識だ。大きな赤い輪の内部に一本の赤い棒がななめに入っている。

柱の胴の上寄りの場所と標識板の裏にそれぞれ認識票が取り付けてあり、いずれにも設置年月日は平成15年3月と書いてある。だから、設置してもう9年経っているのだが、見たところ標識板(正式には基盤というのかな)は、まだピッカピカの新品にも見え、いささかの鮮明さも失っていない。これからもまだ20年はもちそうだ。

ところが、来年あたりまた、業者が本当の新品の柱と基板を持って来て、そっくり取り替えて立ち去るのではないかと心配である。というのは、9年前の今ごろ、たまたま筆者は、一人の男がこの取替え作業を終えたところに通り合わせて、驚きのあまり、この業者になぜ取り替えるのかと質さないではおれなかったことを思い出すからである。その時も同様で、取り替える必要などどこにも見出せなかったのである。

彼はふふふと口元を歪めて含み笑いをするばかりで、何も率直に答えず、ほとんど取り合わないという態度だったが、ただ、取り替えは10年おきだと明かしてくれた。来年は平成25年である。おそらくまた、業者がやって来て手早く取替え工事をすませてどこかへ消えるだろう。

よく見ると、いずれの認識票にも設置者は福岡県公安委員会となっている。昨今の公費削減の声かまびすしいのに反応して、県公安委員会はこの無駄金を見直そうという気に少しはなっているだろうか。

d0015359_23552580.jpg


d0015359_2356447.jpg


d0015359_23565357.jpg


d0015359_23572060.jpg


d0015359_23575576.jpg


d0015359_23581613.jpg

[PR]
by ekisaitosuru | 2012-04-25 23:59 | 行政

自然の山野をいじくりまわして税金を浪費する人々

近くの市有地の片隅にあった数本の大木のケヤキが、いつの間にか消えてしまっていた。今はあとかたもない、あの木立の跡地のそばを通るたびに、さびしい思いが身に迫る。秋には真っ赤に染まった木々を見るのが楽しみだったが、去年の秋はそれを見ることができずひとしお悲しかった。
d0015359_11282341.jpg


d0015359_11291241.jpg


d0015359_11294361.jpg


d0015359_11303830.jpg


d0015359_1131515.jpg




愚かな人々が、市有の空き地に駐車場とバスケットボールの練習場を作るために、この木々を残らず切ってしまった。地面の片隅に身を寄せるようにして立っていたのだから、切らずにすませようと思えば切らずにすんだはずだ。ケヤキの大木が姿を消したあとの様子は、これらの写真のとおり殺風景としか言いようがない。
d0015359_11325289.jpg


d0015359_11332244.jpg


d0015359_11334819.jpg


d0015359_11342030.jpg


d0015359_11344770.jpg
d0015359_11344770.jpg

[PR]
by ekisaitosuru | 2012-04-20 11:36 | 行政

再びAEDについて

建物の入口に貼りつけた「AEDあります」の張り紙を街のあちこちで多く見かけますが、これが今な

お、アメーバのように無軌道に増殖しているのにいやでも気付かざるをえないのは、私だけではある

まいと思っています。


AEDに関するメディアの報道は多くはないようなのですが、今年の1月4日付けの朝日新聞にやっと

その一つを見つけました。ですが、この記事は日本全国でのAEDの設置台数の驚くべき多さにはあま

り関心がないらしく、その使用率の低さばかりを問題視しているようでした。


この記事によれば、2008年末現在AED設置台数は約20万台、うち一般市民が使えるような公共施設

、商業施設、その他での設置台数は約15万台。これに対し、2008年の一年間に一般市民の前で起きた

心肺停止の件数は20769件だが、この約半数が市民による心肺蘇生の手当てで対応されたのであり、

AEDを使ったのは僅か429件だったという。


これでは、使用率の低さを嘆きたくもなるでしょうが、もっと問題視してもよい事は、医療施設等の外

での心肺停止件数が年間2万強という程度の件数だったのに、街なかのいたるところに15万台ものA

EDがあったということです。つまり2万強の心肺停止1件当り6台以上のAEDが無駄に置かれてい

たということです。


しかも、このAED設置の状況は、人口密度に比例して設置するという統制の取れたものとはとても考

えられないので、多くの場所で心肺停止1件当りの無駄な台数は6台という数字をはるかに越えたもの

でしょう。さらに、15万台あるとされた2008年末から1年半経過した現在の台数は、いまの増殖の勢

いを見れば、少なく見てもその倍の30万台、ひょっとすると40万台位にはなっているかも知れない

。心肺停止発生件数がこの1年半のあいだにそんなに増えているとも思えないので、これらの状況は、

行政不在をますます印象づけるものとなっています。


このようなAEDに地方自治体、民間企業、その他が投じる資金の額が巨大であることも見逃すことは

できません。フィリップスのAEDを売っているフクダ電子工業は、これを1台23万8千円としてい

るので、一般市民の使用に供するAEDが仮にいま30万台あるとして、この単価を単純に掛ければ総

額は実に714億円の巨額にのぼる。


AEDの設置は、行政による統制の対象にして無駄の少ない効率のよい配置を考えるべきだし、国や自

治体によるAED購入の資金の支出については、財政上の優先順位を考慮して国全体として図られた適

正なバランスに背いていないかどうかを見届けた上で、確固とした政策を策定すべきでしょう。
[PR]
by ekisaitosuru | 2010-06-25 13:46 | 行政

地方自治体の事業仕分けはいつ始まる?

福岡県大野城市に住む知人から、興味があればと数枚の写真を送って来た。そのどれもが、その土地の県や市が設置した「天下り法人」が、地域の各所に残した「仕事」の証跡らしかった。

これらの自治体でもご多分に漏れず、協議会だの協会だの基金だのを思いつくままにせっせと作り、もっともらしい言い訳をつくろい、練り上げて、県庁や市役所などからの天下り公務員など、公金にたかる面々の懐を肥やしてやることに熱心であるように見える。

d0015359_16465787.jpg

「空港環境整備協会」という存在を知ったのは、この写真からである。これは大野城市役所の真向かいにあるバス停を至近距離から撮ったものだそうで、以前このバス停は、西日本鉄道株式会社専用のバス停で、停留所名を記した標柱が一本ひょろっと立っていただけだった。バス事業の不振にあえぐ西鉄としては、バスを待つ乗客のためにせめて天蓋くらいはと思っても造ろうに造れなかったのであろう。ところが数年前、大野城市がコミュニティ・バスの運行を始めて、この場所にも停めることにしたとき、写真に見るような立派な天蓋と荷物置きがいきなり建造されたという。写真には「助成」とある。「空港環境整備協会」は随分とお金持ちの協会らしいが、それにしても何でこのような協会が市のバス事業に助成なのか。「空港環境整備協会」とは一体なにか。

少し前、知人は大野城市の牛頸地区を歩いていて、次から次へとご大層な名前に行き当たったので、取り敢えずはカメラに収めてきたそうである。短時間の散策の間に見知っただけでもこれだけの数である。こうしてみると、県や市が一体どれだけの数の天下り法人を抱えているのか見当もつかないと言う。知人は殆どすべてが天下り法人と固く信じているようなのである。いやでも気付かされるのは、「福祉」とか「環境」の文字の露骨なまでの大行進である。この種の言葉さえ担ぎ出しておけば市民をうまく欺けると思っているのだろうか。

「大野城市社会福祉協議会」
d0015359_16491199.jpg


「大野城環境処理センター安全協議会」
d0015359_16511466.jpg


「(財)福岡県水源の森基金」
d0015359_16544735.jpg


「大野城大宰府環境施設組合」
d0015359_16553850.jpg


「福岡都市圏環境行政推進協議会」
d0015359_16563365.jpg

[PR]
by ekisaitosuru | 2009-12-03 16:58 | 行政

<福岡県の現実・その一> 破廉恥な公共工事、これが麻生県政!

福岡市の南郊、春日市を貫いて流れる牛頸川は、大野城市に入って御笠川に合流する。

その一部、県立春日公園に近い春日二丁目と春日三丁目の間ほぼ300メートルの区間、ゆるやかに蛇行しながら流れていくあたりを、福岡県那珂川土木事務所が執拗にいじくり回している。
d0015359_22481244.jpg


早春とはいえ未だうすら寒い3月の中旬、その日は青空が広がって、しのび寄る暖かさに心がなごむ昼過ぎだった。久々に遠出の散歩をかねて春日公園に向かった。

いつものように、元宮公園の裏手の川に沿った道に出る。そこで又もや、川床に入ったオレンジ色のブルドーザーやショベルを見たのだ。又もやというのは、10年ほど前にも、その近くの川底でブルドーザー、ショベルを動かしながら働いている人たちを見ていたのである。工事のあと出来上がったのは、水流の細くなってしまった川床の豪華な遊歩道だった。
d0015359_0265249.jpg

d0015359_22522395.jpg

d0015359_22554895.jpg

d0015359_22574287.jpg

d0015359_22583314.jpg

d0015359_2314525.jpg

この元宮公園や春日幼稚園の裏手の道を、月に2、3度は通っている。その都度いやでもこの遊歩道を見下ろすことになるが、この10年ほどの間、この遊歩道に下りて散策を楽しんでいるような人影を見かけることは一度もなかった。たまたま見かけなかっただけだと言われるかも知れない。だが、10年というのは、そう軽く言いあしらわれるような期間ではない。
そのことは、10年後の今の姿が、紛れもなく証言してくれないだろうか。
d0015359_2324429.jpg

d0015359_2333315.jpg

d0015359_234165.jpg

d0015359_2351342.jpg

d0015359_236132.jpg

d0015359_237630.jpg

d0015359_23842.jpg

d0015359_2385254.jpg

今の工事は、10年前の工事のすぐ上流の区間で行われているようだが、よく見ると既に出来上がった個所もあって、荒れやすい川床に何故こんなものがと、目を疑うばかりの豪勢な遊歩道の一部が、昼下がりの日の光をキラキラと跳ねかえしていた。
d0015359_2395117.jpg

d0015359_23102921.jpg

d0015359_231149.jpg

d0015359_23113973.jpg

d0015359_23122575.jpg

d0015359_2313875.jpg

国も、県も、市町村も、等しく財政危機にあえいでいて、必要な行政需要に十分に応えられずに苦しんでいると聞く。麻生知事は何のためにこのような馬鹿げた工事にいそしむのか?
d0015359_23135515.jpg

[PR]
by ekisaitosuru | 2009-04-14 23:23 | 行政

真っ赤なハートAEDの大氾濫

 大きな赤いハートの張り紙が、日本国中津々浦々に散らばっている。

 大都市はいうに及ばず、あの町にもこの町でも、ビルや大きな建物の入り口や玄関にぺったりと貼りつけてあって誰の目にも必ずとまる、あの貼り紙だ。

 それは、そこを出入りする人々に、AED(心臓の突然の異常な動きを一時的に直す「自動体外式除細動器」というもの)がここにありますよと知らせている。

 2007/11/28 の化学工業日報によれば、AEDは、病院、学校などの公共施設にとどまらず企業内の設置も増加するなど、その市場は拡大を続けている。高速道路のサービスエリア367ヶ所にもすでに設置された。

 さて、百万都市、福岡市を取り巻くいくつかのベッドタウンは、この国にはまれな富裕な中小都市群なのだろうか。AEDの普及ぶりは並外れているように見える。

 そのうちの一つの自治体の役所をたずねた。あたりの街並みの平凡な構えとはうって変わった、ひときわ荘重な玄関。大きなガラス戸がひとりでに横滑りして入り口を大きく開ける。ガラス戸の延長面上のガラスの壁に貼りつけた紙が目に入った。大きく真っ赤なハートの下にAEDの文字がある。
d0015359_18272664.jpg

d0015359_18361448.jpg

 市役所での用務のあと、お隣の市民交流センターに向かった。するとその玄関にもAEDの赤い張り札。市役所とは別にここにも置いてあるのだった。
d0015359_18392825.jpg

d0015359_18401233.jpg

 市民交流センターの裏手には総合福祉センターの建物がある。予感とも確信ともつかぬものが胸をよぎる。念のため裏手に回って行ってみると、果たせるかな、その玄関にもAEDの張り紙が麗々しく貼ってあった。
d0015359_1843886.jpg

d0015359_1844742.jpg

 こうなると、すぐ近くの市民健康センターも気になる。行ってみるとやっぱりあの赤い張り紙はあった。
d0015359_18453670.jpg

d0015359_184704.jpg

 おまけに、市役所のお向かいの大きなディスカウントストアにもそれはあった。
d0015359_18484629.jpg

d0015359_18493036.jpg

 ひとつの疑問がどうしても起る。一体、たかだか300メートル四方の区域内に、この種の機器が5基もなくてはならないものだろうか。そんなに沢山必要なんだろうか。 
 
 一体この国にAEDがどれだけあるんだろうか。この割で憶測してみると、おそらく何万台ではきくまい。何十万台という規模だろう。日本列島いたるところ真っ赤なハートマークの氾濫である。

 東京の文京区本郷にあるフクダ電子株式会社が欧州のフィリップスから輸入して国中で販売しているこのAEDは、さして大きな物ではないあの機体の中に何が詰まっているのか知らないが、1台23万8千円前後という高価な物である。

 福岡県について言えば、上記のような公共施設がAEDを購入するにあたってお金を出してくれたのは、福岡県市町村振興協会という財団法人であるが、この法人の「事業」の主なる財源は福岡県からの交付金、つまり税金である。

 現在、日本国内の公共施設や私企業等に常備されているAEDの数を、最も少なく見積もって仮に10万台としよう。そうすると、それに上述の単価をかければ、これだけでも購入総額は238億円という巨額となる。

 上述の化学工業日報によれば、2004年7月、AEDが医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになった時から、市場拡大にあわせて売上げを伸ばしてきたフクダ電子は、2007年中の売上げ予想を3万台と見積もっている。この数字から推しても、またAEDを取り扱う業者は他にも数社あることからも、上の10万台という数字はきわめて控えめなものであることが分かる。

 問題は、かかる巨額をかけて国中いたるところに設置されたこの器具が、この巨額に見合うほどに使われているのかと言うことだ。それは全く怪しいと言わなければならないだろう。と言うことは、費用対効果の視点をもった国の然るべき部署がこの事態を適切にコントロールしているのだろうかということになるが、それもどうやら無さそうなのである。

 試みに、二、三の施設に聞いてみたところ、案の定、これまで一度も使ったことがないという答えしか返ってこなかった。

 ここに一つ参考になりそうな数字がある。2005年の3月から9月まで半年にわたって開催された愛知万博では、主催者は開催に先立って100台のAEDを用意したが、のべ2205万人をこえる入場者があったのに、実際にAEDを使用したのはたったの3件だったという(朝日新聞、2006/3/12)。

 因みに、この100台のAEDが、購入したのであれば2380万円払ったことになる。6ヶ月のレンタルだったとしても、その総額は、1台ひと月15000円だそうだから、900万円となる。

 200億円とか300億円とかいう、或いはもっともっと巨額のお金を投じて設置したAEDが、その耐用年数の経過する間にいったい何人の人を救うのか。これだけのお金をもし何かほかの急患向けの施設や設備に使えば、どれだけ多くの人々が救われることになるか、想像に難くない。関係政府機関には十分に均整の取れた資源配分の観点から適切な指導を望まなければならない。

 わずか数百メートル四方の区域内に5台もあるという無秩序な在り方をやめさせ、このくらいの範囲なら1台程度を効率よく使用する体制をととのえさせることである。AEDはそぐ傍になければ役に立たないので、それでは足りないと言う人がいるかもしれない。しかし、すぐ傍になければならないと言うのであれば5台でも足りず、20台とか30台とか40台とかいう数をそろえないといけないという話になるのではないか。

 多分ほかにも色々な反論が出よう。それらの反論が多くは現在の公的組織のすがたを反映したものであることは十分に予想される。 
[PR]
by ekisaitosuru | 2009-02-19 18:59 | 行政